岩井 俊雄  IWAI TOSHIO 1962年 愛知県

<メッセージ>
大学2年の時に、初めて受けた山口先生の授業のことは忘れられません。
まず、1時間目は学生全員に学内からゴミや不用品を拾ってこさせ、2時間目には、それをあたかも時間をかけて考え抜いて作った作品のように、全員の前でプレゼンさせる、というもので、触発された僕は、粗大ゴミ置き場にあった、一人では運べないほどの特大の通気ダクトの部品を教室に持ち込んで、でっち上げのタイトルとコンセプトを語り、先生にほめられました。
日本の学生は、人前で発表するのが苦手だからその訓練として、と先生は言っていましたが、同時に、現代美術なんてこんなもの、というアイロニカルな視点がたまらず、名授業としていまだに鮮明に思い出されます。


<略歴>
メディアアーティスト。「いわいさんち」の名義で絵本作家としても活躍する。筑波大学大学院修了。
筑波大学在学中1985年に、「時間層II」で第17回現代日本美術展大賞を最年少受賞。
1997年 坂本龍一とのコラボレーションパフォーマンス「Music Play Images X Images Play Music」でアルス・エレクトロニカフェスティバル・インタラクティブアート部門グランプリ。
2009年 光と音の電子楽器「TENORI-ON」で文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門大賞受賞。
2008年 絵本『100かいだてのいえ』(偕成社)ほか、絵本制作も多数行っている。
<Back